崖っぷちの短い滑走路。世界一危険な空港への着陸映像

カラパイア

崖っぷちの短い滑走路。世界一危険な空港への着陸映像
崖っぷちの短い滑走路。世界一危険な空港への着陸映像

[画像を見る] 世界で最も危険な空港として知られているネパールのテンジン・ヒラリー空港は、標高2845メートルのヒマラヤ山脈の崖っぷちに位置する。 たった1本の527メートルしかない傾斜のある滑走路で、しかも非常に変わりやすい天候の為、空港の離着陸は非常に高度な操縦技術が求められる。 その為、滑走路を外れて事故をおこす航空機が続出しているのだが、まずはその着陸映像を見ていこう。 [動画を見る]Himalaya:...

「崖っぷちの短い滑走路。世界一危険な空港への着陸映像」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧