18,000人の団体献血が大韓民国の血液供給を安定化させる

バリュープレス

新天地広報チームのプレスリリース画像
新天地広報チームのプレスリリース画像

大韓民国では平和団体の天の文化・世界平和・光復(以下、HWPL)と新天地イエス教会が協力し、教会聖徒およびHWPL会員1万8000人余りが4月18日から2週間献血に参加した。 この数字は大韓民国最大の団体献血と記録された。 新型コロナウイルスによる血液不足現象が世界的に広がっている。去る1月、アメリカ赤十字社は患者の治療に大きな危険をもたらす「国家的血液危機」を宣言した。 続いて3月にも医療界非営利団体であるメモリア...

「18,000人の団体献血が大韓民国の血液供給を安定化させる」のページです。デイリーニュースオンラインは、2022年HWPL感染症対策新天地イエス教会新型コロナウイルスネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧