アメリカの17歳以下の暴力犯罪は1994年以降78%減少していることが判明

カラパイア

アメリカの17歳以下の暴力犯罪は1994年以降78%減少していることが判明
アメリカの17歳以下の暴力犯罪は1994年以降78%減少していることが判明

[画像を見る] 意外な事実かと思うかもしれないが、アメリカ司法省司法計画室が発表した「最新の報告書」によると、同国では1994年から2020年にかけて、17歳以下の暴力犯罪が78%も減少していることがわかったそうだ。 アメリカでは暴力犯罪が頻発しているというイメージがあるが、未成年犯罪に限って言えば、どうもそれは必ずしも現実を反映したものではないようだ。 あるいは、たまに起きる銃乱射事件などの犯罪があまりに...

「アメリカの17歳以下の暴力犯罪は1994年以降78%減少していることが判明」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧