うれしいニュース。絶滅したと思われていた色鮮やかなハトを140年ぶりに目撃

カラパイア

うれしいニュース。絶滅したと思われていた色鮮やかなハトを140年ぶりに目撃
うれしいニュース。絶滅したと思われていた色鮮やかなハトを140年ぶりに目撃

[画像を見る] パプアニューギニア東沖のファーガソン島で、絶滅したと思われていた大型でカラフルなハトがおよそ140年ぶりに確認されたそうだ。 「Black naped Pheasant pigeon」と呼ばれる、黒い首筋のゴクラクバトの一種の動く姿が、観察用カメラにとらえられていた。 アメリカ鳥類保護協会(American Bird Conservancy)によると、このゴクラクバトは幅が広く、横方向に圧縮された尾を持つ、地面に住む大型のハトで、パ...

「うれしいニュース。絶滅したと思われていた色鮮やかなハトを140年ぶりに目撃」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧