不器用ママもできる!「子どもをやる気にさせる」100均アイテム3つ (1/2ページ)

Woman Money

不器用ママもできる!「子どもをやる気にさせる」100均アイテム3つ

http://www.shutterstock.com/

3学期が始まり、お正月気分もぬけた頃ですね。

冬休み中はテレビ番組も面白かったし、お年玉ももらったし、子どもにとってはワクワクだらけだった反面、3学期は「また勉強が始まった……」と一気にモチベーションが下がっているかもしれません。そんな時こそママであるアナタの出番です! 

そこで今回は、二児の母である筆者が「子どものやる気をアップさせる」オススメ100均アイテムを3つ使った方法をご紹介します。ぜひ試してみてください。

■アイテム1:やることリストを書くための「付箋」

「やることリストぐらいとっくに作らせてるわよ」と思われた方もいるかもしれませんが、そのリストはA4用紙に一覧で書かれていませんか? 

一覧になっていると、「うわ~、こんなにある。どれから手をつけよう……」という気持ちになり、結局“リストを作っただけで終わり”になってしまう可能性が高いです。

付箋の種類はさまざまありますが、長方形のものがオススメです。1枚に1つのことしか書けない大きさのものにしてください。例えば、“漢字ドリル P.30~P.32”など分かりやすく簡潔に書けるものでOKです。

学年が低ければ低いほど、字が大きいと思いますので、大きさはお子さんと相談してください。

購入後は、粘着部分を剥がさず、上にある紙から重要度や緊急度の高いもの順に書いていきます。10枚~20枚書けたら、アイテム2を使って、実際に勉強してみましょう。

■アイテム2:勉強時間の確認に「キッチンタイマー」や「ストップウォッチ」

お子さんがスマホなどを持っていてタイマーがあるなら、無理に買う必要はありません。でも、スマホの場合、タイマーをセットする前に“ちょっとだけ”ゲームやLINEなど余計なアプリをいじってしまう可能性があります。そういった機能がついていないものがオススメです。

勉強時間の目安は、“学年(中学1年生なら7)×10分”です。

「不器用ママもできる!「子どもをやる気にさせる」100均アイテム3つ」のページです。デイリーニュースオンラインは、女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧