ベッキー復帰にも影響か?矢口真里“日清CM中止”の破壊力 (2/2ページ)

デイリーニュースオンライン

■「そろそろいいのでは」ムードをブチ壊し

 活動休止中のベッキーとは対照的に、ゲスの極み乙女。の川谷絵音は精力的に音楽活動を行っている。川谷自身が週刊文春のインタビューに応じてベッキーを庇ったり、事務所関係者が奔走することで、世間では「散々叩かれたし、もういいのでは」という風潮ができつつあった。

 しかし矢口の一件で改めて“不倫タレント”の扱いづらさが露呈。「これでベッキー復帰は絶望的となった」と芸能関係者は語る。

「好感度の高さからCM女王として名を馳せたベッキーを、いつ復帰させるか? という動きは少なからずありました。ただ、日清の結果を見ると、話題性だけで飛びつくと大やけどすることがわかってしまった。懺悔本の出版か『しくじり先生』や『ミヤネ屋』への独占出演で禊ぎをすませてから、バラエティで徐々にならしていき、ほとぼりが冷めたところでCMへ……というのが理想型だったはず。ところが、最後の一番お金になるCMが不可能だとわかってしまった。こうなっては売り方が難しくなり、復帰はますます遠くなる。なにせ、リスクばかり高くてお金にならないのですから」

 ベッキーを擁護するつもりは毛頭ないが、たった一度の失敗で将来を断たれる社会は、それはそれで息苦しいのではないだろうか。

文・海保真一(かいほ・しんいち)
※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。
「ベッキー復帰にも影響か?矢口真里“日清CM中止”の破壊力」のページです。デイリーニュースオンラインは、日清食品ベッキー矢口真里炎上ゲスの極み乙女。エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧