ブーメラン芸に党内対立…民進党が本格的に訳が分からない件|やまもといちろうコラム (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 山本一郎(やまもといちろう)です。先日、無事退院したと思った親族が、帰宅した玄関先でコケて怪我して再び入院という事態に陥り、祝福しながら退院を見送った私の心に冷たい風のようなものが吹き抜けたのですが、年度末も元気に乗り切っていきたいと思っています。

 ところで、例の森友学園・籠池泰典さんの証人喚問からの辻本清美女史(56)への延焼が見事なブーメラン芸みたいになっていたのが気になっていたわけなんですけれども、いろんな騒ぎが民進党内にあるようで気になります。

蓮舫氏の追及VRで体験…党内に冷ややかな声も|YOMIURI ONLINE

 先日も、民進党の原子力政策をめぐって党内調整なく蓮舫女史が突っ走ってしまい、騒動になるというネタがちょっとした騒ぎになったばかりで、党運営以前のところでの各種調整がなされないまま独立稼業のような各議員が好きに騒いでいるだけなんじゃないかと思うわけですね。

蓮舫代表に野田佳彦幹事長もお手上げか 原発政策で対立|livedoor NEWS

 もちろん、国会議員ともなると選挙区に責任を持つある種の一国一城の主なわけですし、いくら安倍政権がいまなお高支持率であるといっても、実際に選挙予測をやってみると民進党は議席数を増やす結果が出てくるわけです。それもこれも、自民党には投票したくないという現状批判層の受け皿として、なんだかんだ野党第一党としての最低限の期待は持たれているということの裏返しでもあります。

 しかしながら、政党支持率は蓮舫女史が昨年9月に代表になって少し回復して2桁に戻ったと思ったら、また8%前後をうろうろする超低空飛行になってしまいました。政権交代以前の問題で、「自民党が嫌だから民進党」はあり得ても「民進党に強い期待を持つ」という有権者が増えないことにはなかなか大変なんじゃないかと思ったりもします。

民進、低迷の1年…合流効果ほとんど見られず|YOMIURI ONLINE

 そんななか、12日に開催された民進党の定期大会終了後に、民進党の重鎮・前原誠司さん(54)が素敵な発言をされていました。なんだ、現状についてかなりきちんと分かっているんじゃないですか。

前原誠司元外相「『あれよりはマシ』ということで安倍内閣に支持が集まっている」と“自己分析”|産経ニュース

「ブーメラン芸に党内対立…民進党が本格的に訳が分からない件|やまもといちろうコラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、森友学園民進党辻元清美連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧