たけし、クドカン、勘九郎…『いだてん』大惨敗の「戦犯」は誰!? (3/3ページ)

日刊大衆

たけしの出る部分だけが、ドラマから浮いてしまっているような気さえします」(前出のドラマウォッチャー)

 現在、ドラマでは前半の主人公・金栗四三を中心に描かれているが、「最大の問題は、主人公の金栗四三にいまひとつ魅力が感じられないこと」と指摘するムキもある。

「金栗を演じる中村勘九郎は、体もムキムキで走るのも速そうなのですが、服も地味でいまひとつ華がない。ただでさえ知名度の低い“マラソンの父”が非常に地味に映ってしまっているんです。金栗はなぜか走ることにこだわっているわけですが、そのモチベーションがどこにあるのかもいまいちピンとこない。端的に言って、感情移入しにくいんですよ」(テレビ誌記者)

 大河は一年がかりの長丁場。今回の視聴率低迷を受け、NHKは13日に開いた定例会見で、「ついていけないとか、分かりにくい、という意見も確かにいろんなところで聞いている」と世間からの厳しい評価を紹介しながら、「PRとか解説番組とか、いろんなかたちで補強して、前半のヤマ場を楽しんでほしい」とテコ入れをアピールした。

 スタートダッシュは失敗してしまったが、なんとか視聴率をV字回復させてくれることを願うばかりだ。

※画像はNHK大河ドラマ『いだてん』公式サイトから

「たけし、クドカン、勘九郎…『いだてん』大惨敗の「戦犯」は誰!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ビートたけし(北野武)いだてん中村勘九郎宮藤官九郎綾瀬はるかエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧