「加藤の乱」余波!緊急面談で退社を口にした「3人の売れっ子芸人」

日刊大衆

「加藤の乱」余波!緊急面談で退社を口にした「3人の売れっ子芸人」

 7月20日、“闇営業”問題の謝罪会見を行った、雨上がり決死隊宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)。22日には所属事務所も会見を開き、会社側の見解や経緯を語ったものの騒動はいまだに収束の兆しが見えてこない。

 宮迫と亮の会見、所属事務所側の会見を受け、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務める極楽とんぼ加藤浩次(50)は、「経営陣が変わらなければ事務所を辞める」と発言。

 7月23日夜には、加藤と会社側で緊急会談が持たれたものの、話し合いは平行線のまま終わり、24日放送の『スッキリ』では、加藤が今後も会社側と話し合いを継続することを明言した。

「『スッキリ』の発言により、『加藤の乱』とも呼ばれる、加藤と事務所側の対立にまで発展。加藤の発言を受けて、若手芸人たちもSNSで、事務所への不満や意見を発信しており、事態は宮迫と亮の闇営業問題にとどまらず、拡大している感がある。

 ここまでこじれた現在の状況を改善するべく、今、事務所上層部は主要な芸人に面談を行っているようです。芸人をそれぞれ呼び出し、“どんな不満を抱えているのか”、“今後どんな仕事をしたいか”などをヒアリングしているそうです。ですが、そこで、なんとテレビ番組でも活躍する売れっ子お笑い芸人3組が退社を示唆したというんです」(芸能プロ関係者)

「加藤の乱」を起こした加藤は、自身の進退について、すでに考えは決まっていると話しているが、加藤に“追随する”芸人の具体的な動きが出てきたことは驚きだ。

「1人目のAは、お笑い以外のジャンルでも幅広く活躍する芸人で、芸歴は20年以上。今は丸くなりましたが、かつては武闘派の一面も持っていましたから、上層部に噛みつくのも納得できる。2人目のBは、モノマネが得意で、バラエティ番組をはじめとするテレビや舞台で大活躍中です。子どもたちからもかなり人気がありますね。3組目はコンビのCでここ最近、テレビで引っ張りだこ。得意のギャグやモノマネは、やはり子どもに大人気です。

 名前を聞けば、誰もが顔を思い浮かべることができる人気芸人だけに、“あの3人が……”と、関係者からも驚きの声が上がっています」(前出の芸能プロ関係者)

 しかし、他にも不満分子はいるという。

「現場のスタッフからも重宝され、中堅芸人としてポジションを確立しつつあるDも、会社への不満を抱いているとか。また、モノマネや歌、コントと幅広い芸が支持されるEも、以前から上層部に対して疑問を抱いていたと聞こえてきています。DとEの2人の今後も、予断を許さない状況のようです」(前同)

 闇営業を発端に、大きく揺れるお笑い業界。芸人サイドも会社側も変えるべきところは変え、心機一転、再度一丸となってお茶の間に楽しい笑いを届けてほしい!

「「加藤の乱」余波!緊急面談で退社を口にした「3人の売れっ子芸人」」のページです。デイリーニュースオンラインは、田村亮ロンドンブーツ1号2号加藤浩次宮迫博之雨上がり決死隊エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧