山田裕貴は「DVモラハラ予備軍」LINEのやりとりに専門家が指摘 (1/2ページ)

日刊大衆

山田裕貴は「DVモラハラ予備軍」LINEのやりとりに専門家が指摘

 俳優の山田裕貴(29)が「なんでもLINEで済まそうとする人にイラつく!」と訴えたところ、弁護士で法律評論家の堀井亜生さん(42)に「DV、モラハラタイプの可能性がある」と分析され、視聴者をザワつかせたようだ。

 この発言があったのは、12月18日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でのこと。今回の放送は“今年の怒り大放出!”と題した2時間スペシャルで、番組開始から20分ほど過ぎたころ、山田が電話よりメールを重視する人に対する“怒り”を訴え始めた。

 山田によると、友人から食事に誘われるとき、LINEで「何してるの?」「撮影中だよ」「ごはん食べよ」「どこで?」といったやりとりになるのだが、時間がかかりすぎで文字を打っている時間がムダだと思ってしまうと明かした。

 すると、MCの明石家さんま(64)は、相手は山田の都合が分からないので、気を使ってLINEで連絡しているのではないかとフォロー。それでも山田は「僕は温度を感じたいというか、相手がどれぐらいごはんに行きたいか(知りたい)」と、強く主張した。

 熱すぎる山田のこだわりにさんまは苦笑すると、「おまえも幸せになられへんわ、アホ!」とツッコんだが、山田は「究極言うと、顔を見ないと落ち着かない。男友達でもテレビ電話するんです」と告白。スタジオの女性観覧客から「えぇ~」と驚きの声があがった。

 実は山田のようなタイプには、隠された人間性があるそうで、堀井さんは「メールより電話を重視する人は、典型的なDV、モラハラタイプ」だとコメント。

「山田裕貴は「DVモラハラ予備軍」LINEのやりとりに専門家が指摘」のページです。デイリーニュースオンラインは、山田裕貴ホンマでっか!?TVモラハラ明石家さんまマツコ・デラックスエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧