老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え! 顧客の資産の保護とトータル資産形成を起点とした新会社 株式会社CONSTNAK(コンスタンク)を設立 (2/3ページ)

バリュープレス




しかし、昨今では「所得格差の拡大」や「消費税増税」、そして「老後2,000万円不足問題」など、将来の生活を脅かしかねない要素が次から次へと生まれているだけでなく、約2,500億円の経済損失とも言われている「新型コロナウィルス」による深刻な影響が、日本経済の更なる低迷へ追い打ちをかけようとしています。


この日本の状況下において、株式会社CONSTANKは、磨かれた先見性と幅広い専門知識を備えたスタッフが資産運用をトータル的にアドバイスいたします。株式会社CONSTANK自身が不動産ストック等で安定収益を確保し、コンサルティング事業においては提携業者のリターンに頼らないことで独立性を確保し、顧客の利益を最優先した資産運用の形成をサポートし、かつ投資による活性化により、顧客の資産形成及び日本経済の発展に貢献してまいります。
「老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え! 顧客の資産の保護とトータル資産形成を起点とした新会社 株式会社CONSTNAK(コンスタンク)を設立」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧