老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え! 顧客の資産の保護とトータル資産形成を起点とした新会社 株式会社CONSTNAK(コンスタンク)を設立 (1/3ページ)

バリュープレス

ティードリームネットワークスのプレスリリース画像
ティードリームネットワークスのプレスリリース画像

様々なリスクが蔓延している日本経済から金融コンサルティング事業などを通して
顧客の資産を守り、幸せへと繋がる資産形成を目的としています。

大阪府大阪市にこの度、資産運用の形成と金融資産の保護を起点とした新会社「株式会社CONSTANK」を設立したことをお知らせいたします。


代表取締役の田中晃は同志社大学卒業後、共済組合においてFP相談業務に携わり、その後、東証一部上場企業の人事部で金融商品や社会保険に関するノウハウを蓄積。
その経験とノウハウ、そして、自身の幅広い投資経験を活用し、貯蓄から投資を提唱する現在の日本経済の発展に貢献すべく「株式会社 CONSTANK」を設立しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NzU4MSMyMzU1NjYjNTc1ODFfZ0tmU1FFcWh0TC5wbmc.png ]


【事業ドメイン】

・不動産関連事業
・金融コンサルティング事業
・各種セミナー開催


【設立背景・ミッション】

日本では今、かつて経験したことが無い急激なスピードで少子高齢化が進んでいます。


また、都市部への過度な人口集中も変わらず増加しており、このままでは地方の経済や健全な暮らしが立ち行かなくなる可能性が指摘されています。日本がこれまでエネルギッシュに活動し、豊かな生活を営んでくることが出来た原資は「経済」であり、その経済の見通しが明るかったからこそ、生活設計や未来に十分な可能性を感じることが出来ました。

「老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え! 顧客の資産の保護とトータル資産形成を起点とした新会社 株式会社CONSTNAK(コンスタンク)を設立」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧