小島瑠璃子「一番腹黒い」にも余裕の笑み!芸能界を生き抜く強さ

日刊大衆

小島瑠璃子「一番腹黒い」にも余裕の笑み!芸能界を生き抜く強さ

 5月5日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、こじるりこと小島瑠璃子(26)、ジャングルポケットが登場した。この番組は春日俊彰(41)がオープンした店という設定で、常連客の若林正恭(41)とともにゲストと本音トークする“ぶっちゃけトークバラエティ”。今回は、こじるりとジャンポケの仕事や交友関係に迫った。番組後半、鬼越トマホークもくわわり、鬼越トマホークがリサーチした「小島瑠璃子の気になる発言リスト」が紹介された。

 最初に紹介されたこじるりの発言は、「一生懸命仕事をしても“あざとい”と言われる。その答えを探さないと今後は生き残れない」というもの。この言葉にこじるりは「言った覚えありますね」と切り出し、「“あざとい”という言葉をすごい言われて、このときはちょっとヤケになってたんですけど」と当時を振り返った。一方で、そう言われることに小島は「半年後の私はもう諦めてました」と告白。あざといと言われても「しょうがない」と割り切り、「言葉をすごく選んで、ちゃんとテレビで流せるように仕事をしないとって思ったことが、もしかしたら“あざとい”のかもと思ったんですよ」「そうだとしたら確かにやってるから、これはしょうがないなと思って。言われても」と持論を述べた。

 これに鬼越トマホークの坂井良多(34)は、「でも小島さん、もう5年ぐらい前から生き残れないとか言いながら生き残ってるじゃないですか。一番腹黒いタイプ」とツッコみ、こじるりを爆笑させていた。これを見た視聴者からは「こじるりはあざといこれは褒め言葉」「そしてめちゃくちゃ言う鬼越の坂井さんw」「たとえいくら炎上してもこじるりは好き」「こじるりがちゃっかり回してて笑った。すげえ」「こじるり叩くのはほぼ嫉妬」「こじるりド正論!」など、こじるりに共感の声が続出した。批判をも受け止める強さこそ、こじるりが一線で活躍している秘密!?

「小島瑠璃子「一番腹黒い」にも余裕の笑み!芸能界を生き抜く強さ」のページです。デイリーニュースオンラインは、あちこちオードリー鬼越トマホーク若林正恭ジャングルポケット春日俊彰エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧