ナイナイ岡村隆史に負けられない!「50歳からの婚活」必勝ガイド

日刊大衆

岡村隆史
岡村隆史

 中高年の結婚は難しいといわれるが、この人恋しさは止められない。運命の相手に出会うための近道を徹底解説!

「えっ……嘘やん!」

 30代女性との結婚を発表した「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が独身の大先輩・明石家さんま(65)に報告したときの第一声だ。吉本興業所属の独身芸人の集い「アローン会」会長である今田耕司(54)も、「マージか!」と岡村を羨みつつ、“寿退会”を祝福したという。

「浮いた話がなかった岡村に、先を越されるなんて……。ひそかに悔しがっている同世代は多いはず」(56歳の会社員)

 嘆いてばかりいられない。国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2019)」によると、2015年の「50歳時の未婚率(男性)」は23.37%。およそ男性の4人に1人が未婚というデータがあるのだ。もはや珍しいとは言えないシニアの独身男性の中には、コロナ禍で婚活を決意した人も多いという。

「ステイホーム中に自分を見つめ直す機会が増えたためでしょうか、老後の独居生活に不安を覚えた方が多かったようです。結果、結婚相談所への入会希望が急増したんです」(結婚相談所のマネージャー)

 競争相手が増えた今、結婚を望むなら、もはや待ったなしの状況だという。

 そこで、50歳からの「婚活」必勝法を、中高年の婚活に強い専門コンサルタントに取材した。業界最年少で婚活アドバイザーとなった結婚相談所『Bゼルム』代表の立花えりこ氏は、15年の経験を持つベテランだ。岡村隆史のゴールインで「若い女性との“年の差婚”を夢見る人が増えるでしょうね」と語る立花氏だが……。

「芸能界で活躍されて、年収も億単位の岡村さんは、あくまで特別」(前同)と一刀両断。結婚には、まず異性が求めるものを知ることが重要だという。

「年収や預貯金といったお金の問題は確かに大事です。ただ、シニアの婚活に特徴的なのが、持ち家の存在を重視する女性が多いことですね。賃貸だと、夫が亡くなった後の家賃の支払いに不安を抱くからです」(同)

 本誌が取材した年金暮らしの男性(67)は、3000万円を超える預貯金を持ちながらも、持ち家がないためか、苦戦中だという。

「だからといって、諦める必要はありません。たとえば、離婚時に夫から家をもらったバツイチ女性なら問題ないわけです。つまり、相手の条件との組み合わせです」(同)

■身だしなみや会話を改める

 では、経済力や持ち家のない人は、どうすればいいのか。

「身だしなみや会話を改めることで、結婚への道が一気に開けることも。今からでも変えられるのは、女性との向き合い方なんです。担当した50代の男性は、眉毛を整え、服装を見直し、過去のお見合いでのやりとりを振り返ることで、交際相手に出会えました」(同)

 まずは身だしなみのチェックから始めよう。立花氏が勧めるのは“ジャケパン”。上は裾を出したシャツとジャケット、下はカジュアルなパンツに革靴というスタイルは、女性の好感度が高いという。

 また、立花氏が女性ならではの視点でつかんだ「結婚できない男性の特徴」に、「潔癖症」と「こだわり」があるという。たとえば、夫がチリひとつ落ちているのも嫌がるほどの潔癖症だと、妻には家事への負担がかかる。立花氏が「こだわり」の例に挙げたのは、かつてテレビのバラエティ番組で「柔軟剤は季節ごとに替える」と語っていた俳優の小泉孝太郎(37)。

「交際女性がこれを聞いたら、自分も季節が変わるたびに“こっちを使ってほしいな”なんて言われそうだと身構えますよ(笑)」(同)

 小泉が結婚できない理由も、このあたりにあるのか。

「マイペースで長い独身生活を続けてきたシニア男性は、こだわりが強く、相手に合わせられないので、婚活で苦労するケースも。反対に、細かいことを気にしないタイプ、良くも悪くも無頓着な男性のほうが、短期間で伴侶に出会えています」(同)

■婚活アプリに注目

 では次に、運命の相手をどう見つけるか考えよう。中高年になると、職場をはじめ、女性との出会いが激減する。カルチャーセンターなどに通うのも一手だが、注目したいのが近頃流行の婚活アプリ。

「検索機能があるので、希望の条件を入力すると、好みの相手がピックアップされます。あとは気に入った女性とメッセージを交わしながら、愛を育むわけです」(ITジャーナリスト)

 メジャーな婚活アプリは膨大な会員数を抱え、若い女性も多い。ただ、孤独な婚活になるので、行きづまると打開が難しい。さらに、コロナ禍で3密に陥りやすいお見合いパーティが敬遠される一方、冒頭で述べたように、結婚相談所が賑わっている。

「婚活アプリや、お見合いパーティで相手が見つからない人にとって、相談所は最後の砦です。腕のいいアドバイザーに当たれば、適切なマッチングをしてもらえることも。ただ、男女とも真剣度が高く、互いに相手への条件が厳しくなってしまうのが難点」(婚活中の60代男性)

 つまり、婚活の手段には一長一短あるので、自分に合った出会いの場を探すのが重要なようだ。

 意中の女性が見つかったら、交際を目指すことになる。そのためのコツを『40歳からのモテる技術』(PHP文庫)の著者で、中年男性専門の婚活コンサルタント・青木一郎氏に聞いた。青木氏は40歳からの5年間で、160名もの女性とデートし、そのたびにモテるコツを検証して、改良を重ねてきたという。身だしなみの重要性は前述した通りだが、シニア層が気をつけたいのは、実年齢以上に「おじさん臭く」見られることだと語る。

「特に老けて見えるポイントは、下がった口角、幅広の髪型、垂れた目の3つです」(青木氏)

 思わぬ“難敵”にも気をつけたい。

「それは加齢臭。皮膚にある皮脂腺から分泌される脂分が酸化することで生じます。毎晩のシャンプーでは髪の毛だけでなく、発生源である頭皮まで洗うのがコツ」(前同)

「歯の黄ばみならホワイトニング」「濃いヒゲは脱毛」など、自分では変えられない点は美容クリニックを訪れることも検討したい。

「メガネをかけている方は、“3分の1の法則”に注意してください。フレームの縦の長さが、眉間から顎までの3分の1を超えると、とたんに、おじさん臭くなるんです」(同)

■デートでの注意点は?

 外見が若々しくなったら、いよいよデートに臨もう。若い頃と違って、女性とプライベートで接する機会が減っている。何を話したらいいのか分からず、困ってしまう人も多いのでは? ここで必要なのが会話術。たとえば初めてのデートで、女性をレストランへ誘ったとしよう。

「座り方は、互いにリラックスできるL字型か、横に並んで座るのが望ましいです。ただ、並んだときには相手に体をくっつけ過ぎないこと。50センチほどの距離を保つのがコツです」(同)

 会話術の中でも重要なのが、聞き上手になることだ。

「うなずくこと、相づちを打つこと、相手の話を反復すること。この3つで会話を盛り上げることができるでしょう」(同)

 経験豊富な中高年男性は、自分の得意分野になったときに、つい「それってさあ……」と口を挟み、話の腰を折ってしまいがち。

「とにかく、女性に話をしてもらいましょう。言葉が途切れても、次に何を言おうか考えているだけかも。“どう思いますか?”と質問してきたときが話の切れ目ですので、それまで、じっと待ちましょう」(同)

 こうしてスムーズな会話ができれば、親密度は一気に増すだろう。話し方を変えることに戸惑いを覚えるかもしれないが、努力を惜しまなければ、必ず婚活は成功するという。

「一番怖いのは、ありのままの自分を女性に受け入れてほしいと、危機感を失ってしまうことです。一生独身を避けるためには、とにかく努力することが重要です」(同)

 最後に青木氏は、独身シニア男性にエールを送った。

「データを分析すると、年齢や経済力などの条件と婚姻率には相関関係があります。ただ、クライアントさんと個別に話していても、条件を意識することはありません。結局、婚活というのは、自分に合った一人のお相手を見つけるだけ。どんな人にもチャンスはあるんですよ」

 加齢臭をフェロモンに変える意気込みで、激戦の婚活戦線を乗り切ろうではありませんか。

「ナイナイ岡村隆史に負けられない!「50歳からの婚活」必勝ガイド」のページです。デイリーニュースオンラインは、小泉孝太郎岡村隆史デート婚活アプリ女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧