【インド】性暴行で刑務所に収監された男性 被害者女性と結婚する条件で釈放されるも6ヶ月後に妻を殺害

ゴゴ通信

【インド】性暴行で刑務所に収監された男性 被害者女性と結婚する条件で釈放されるも6ヶ月後に妻を殺害

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

インドにて自分の妻を殺害したという事件が起きた。被害者の妻は元々夫の性暴行被害者という曰く付きの夫婦で、昨年7月に女性を性暴行した容疑で逮捕された。

その後、同年10月に被害者女性と結婚するという条件でデリーのティーハル刑務所から釈放された。

インドでは強制強姦被害者と加害者が結婚する条約が成立すれば釈放が行われる。もちろんお互いの同意が必要だが、多くは被害者が示談金や慰謝料を貰い弁護士に無理矢理説得されるケースとなっている。

釈放された男性の名前はロイで24歳。被害者女性と挙式を行い無事夫婦となった。
ただ結婚後もロイは身体的虐待にあっていたと女性の家族の証言が得られていた。

とある日、2人はウタラカンドに向かったという。その後、家族らは女性との電話がつかないことに気づき、警察に捜査を要請した。 デリー警察はロイを追跡し逮捕した。

ロイは警察の捜査で、妻との喧嘩の末、ナイニタルに連れて行き、崖から突き落としたと自供した。

一部では今回の事件が性犯罪被害女性の法的保護に対する認識不足から始まったと見ている。

インドの人権活動家たちは「被害者に性的暴行犯と結婚しろということは被害者の生を性的暴行犯に握らせることだ」と強調した。
[itemlink post_id="64609"]
[itemlink post_id="64939"]

「【インド】性暴行で刑務所に収監された男性 被害者女性と結婚する条件で釈放されるも6ヶ月後に妻を殺害」のページです。デイリーニュースオンラインは、性暴行デリー殺害インド結婚海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧