息子に代わって城を守り抜く!戦国の世で最も勇敢だった女性「妙林尼(みょうりんに)」 (1/2ページ)

Japaaan

息子に代わって城を守り抜く!戦国の世で最も勇敢だった女性「妙林尼(みょうりんに)」

いつの時代だって女性は強いもの。現代でも強くてかっこいい女性はたくさんいますが、日本の戦国の世にも勇敢なひとりの女性がいました。

その名も、妙林尼(みょうりんに)

聴きなれない名前だと思いますが、今回の記事では、そんな彼女について詳しくご紹介したいと思います。

妙林尼(みょうりんに)とは?

残念ながら史料にその名があまり残っていないため(『大友興廃記』『両豊記』、そしてルイス・フロイスの文書に彼女と思われる人物の記録があります)、生没年はわかっていませんが、戦国時代に活躍した女性で、大友氏の家臣の吉岡鑑興(よしおかあきおき)の妻です。

また、吉岡妙林、吉岡林子と呼ばれることもあります。本名はわかっていませんが、夫が耳川の戦いで亡くなったあと、尼として生きることになった彼女。

居城は息子が当主となって継ぐことになりました。

妙林尼の活躍!鶴崎城攻防

九州において、島津氏の勢いは止まりません。秀吉の九州征伐が始まりますが、派遣された仙石秀久や長宗我部元親は島津軍に敗退。島津軍や臼杵城と同時に鶴崎城にも軍をすすめます。

妙林尼の息子が当主となっていましたが、このときばかりは事情が違いました。息子は別の城に籠城中で、なんと鶴崎城には妙林尼とその家臣たち、さらには老兵や女性、子どもなどしかいませんでした。

そこで指揮を任されたのが妙林尼。島津軍との圧倒的な兵力の差がありましたが、あきらめないのが妙林尼でした。砦を完成させ、自ら農民や女性らに鉄砲を教えたと言います。

また、この砦には色々な仕掛けが施されており、落とし穴などもありました。このことで、島津軍は鶴崎城を落とすことができなかったそうです。

「息子に代わって城を守り抜く!戦国の世で最も勇敢だった女性「妙林尼(みょうりんに)」」のページです。デイリーニュースオンラインは、鶴崎城妙林尼戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧