中居正広の告発で話題『めちゃイケ』以外にも、台本が極秘事項だったバラエティ番組も

リアルライブ

中居正広
中居正広

 元SMAPの中居正広が、1996年に始まり2018年に終了した人気バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に関する暴露を行い、話題を集めた。MCを務める7月5日放送の『笑いの正体』(NHK)で、「一言一句台本がある」と裏側を暴露したのだ。この番組には「めちゃイケ」レギュラーであったオアシズの大久保佳代子も出演し、同様の証言をしている。

 「めちゃイケ」はドキュメント風のバラエティ番組だが、細かい演出や台本が存在する事実は、出演者であったよゐこの濱口優や、大久保の相方・光浦靖子も暴露済だ。言わば、「公然の秘密」だったと言えるだろう。

 「めちゃイケ」に限らず、90年代末から00年代の人気バラエティ番組には、台本の存在が取り沙汰される番組がいくつかある。

 ​フジテレビの大麻社員、『SMAP×SMAP』を担当 中居正広とは旅行もする仲?​​​

 代表的なものは、1999年から2003年まで放送された『ガチンコ!』(TBS系)だろう。人気企画の「ガチンコファイトクラブ」は、元プロボクサーの竹原慎二氏をコーチに迎え、不良たちを鍛えプロボクサーを生み出す企画であり、頻繁に起こる喧嘩などがウリだった。しかし、出演者の一人が台本とやらせの存在を週刊誌に告発し話題に。

 2001年から2004年まで放送された『マネーの虎』(日本テレビ系)は、志願者が虎と呼ばれる審査員たちに事業計画をプレゼンし、金銭を得る緊張感のあるやりとりをアップで映し出す、臨場感のあるリアリティ番組として人気を博した。しかし、アイドルグループのプロデュースをプレゼンした出演者が、台本があったとネット上で告発し話題に。台本は事前の打ち合わせを元にしているものの、意にそぐわない内容もあり、カンペでは虎の怒りを買うような唐突なセリフを言わされたという。さらに、台本は収録後に回収されたというから、極秘事項だったのかもしれない。

 1998年から1999年にかけて放送された『愛する二人別れる二人』(フジテレビ系)は、仲の悪い夫婦が公開の場でバトルを行う番組で、スタッフが止めに入ることもしばしばだった。出演者の女性の一人が自殺し、遺書の中で「やらせがあった」と告発し問題が発覚。さらにこの女性は未婚だった。番組は打ち切りとなっている。

 こうして見ると、バラエティ番組はある程度の筋書きや流れが必要なのは確かであろうが、行き過ぎは良くないと言えそうだ。

「中居正広の告発で話題『めちゃイケ』以外にも、台本が極秘事項だったバラエティ番組も」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧