池田夏希「引退をとどまらせた志村けんさんの言葉」麻美ゆまのあなたに会いたい!(前編)

日刊大衆

麻美ゆまと池田夏希(右)
麻美ゆまと池田夏希(右)

 今回の“あなたに会いたい”は、タレントの池田夏希ちゃんです。夏希ちゃんこと“ナッキー”とは、志村けんさんの舞台『志村魂』がキッカケで仲良くなって以来、かれこれ7〜8年のつきあいになります。つい先日も、志村けんさんのお墓参りへ一緒に行ってきたばかりなんですが、こうやって、お仕事で対談するのはかなり久しぶり。志村さんとの思い出話や、グラビアアイドルとして復帰した話、そして恋愛トークまで、いろいろとおしゃべりしてきました。

ゆま「ナッキーと初めて会ったのは『志村魂』だったけど、第一印象は“怖い”だった。絶対、私、この子にいじめられるって思ったもん(笑)」

夏希「私って誰からも最初、怖そうって思われるんだよね……」

ゆま「見た目が、クール系の美人だもんね。だけど、気さくに話しかけてくれたから……“あ〜、最初にフレンドリーに接して、あとから、いじめてくるタイプだな”って思ったの(笑)」

夏希「いやいや、どこまで疑り深いんですか!」

ゆま「ふふ、冗談。本当は、すごくうれしかった。私はあのとき、初めての『志村魂』だったから、緊張でちびりそうだったけど、ナッキーが真っ先に声をかけてくれて……」

夏希「ちびっていたの?」

ゆま「いや、実際は、ちびってないけどね!」

夏希「私は、ゆまちゃんより1年早く『志村魂』に参加していたから、気持ちが分かるの。私だって、初めてのときは緊張のあまり、ちびっちゃったからね」

ゆま「ちびったの!?」

夏希「ちょっとね(笑)。だから、ゆまちゃんも、同じようにちびっていると思って、仲良くしようって思ったの」

ゆま「もう! そんなふうに言うけど、ナッキーが本当は気遣いのできる優しい女性だってことは、バレているからね」

夏希「私って、イイ女だからね。というか、こんなふざけた話でいいの?」

ゆま「よくないから、ちゃんと対談しよ。ナッキーのことをよく知らない読者さんのために、まずは経歴から教えて! ナッキーは、すごく芸能界歴が長いんだよね〜」

夏希「えっと、小学六年生の12歳のときにデビューして、今、35歳で……」

ゆま「私も今、35歳……」

夏希「お互い、年齢のことは言わないでおこっか(笑)。芸能界歴で言うと、今年で24年目になるね」

ゆま「長い! ベテランじゃん(笑)。小学生でこの芸能界に入って、23年間も、頑張り続けているなんて、スゴイよ。でも、これまでに、いろいろ大変なこともあったんじゃない?」

夏希「そりゃ、苦労はあるよ(笑)。私に限らず、みんな、しんどいときはあるでしょ」

ゆま「うん。その中でも、ナッキーが一番キツかった時期って、何だろうって」

夏希「それはやっぱり、30歳のときに、体調を崩して、休業したときかな」

ゆま「そうだよね。ナッキーがマンションを引き払って、実家で療養しないといけないと聞いたときは、ビックリしたよ」

■変形水着が多いし、30代で水着になるのも恥ずかしくて…

夏希「あのときは本当につらかった。体調もそうだけど、これから自分は、どうやって生きていこうかって、気持ちも落ち込んじゃって。OLをやってみようかとも考えたんだけど、“12歳のときから、ずっと芸能界にいる私に、できるのかな”って不安も大きくて」

ゆま「分かる……私も病気をしたとき、この先、何をしていけばいいのか分からなくて、つらかったもん」

夏希「そうだよね。ただ、そんなときに、志村さんが“この仕事は何があっても続けることが大事だ”と言ってくださったことを思い出したんだよね」

ゆま「志村さんが、いつも言っていた言葉だよね」

夏希「うん。志村さんをはじめ、芸能界で大御所と呼ばれる方はみんな、続けることが大事だという考えを持っていらっしゃるんだよ……。ね。だから、私ももう1回、頑張ってみようと。初心に戻って、グラビアから始めることにしたの」

ゆま「昨年には、8年ぶりにグラビアアイドルとして活動を再開して、9月に写真集『再会』(講談社)、さらに10月にはイメージDVD『久しぶりに触れて』(竹書房)も発売。今年に入ってからも1月に『見つめて欲しい』(スパイスビジュアル)をリリースしたけど、久しぶりにグラビアをやってみて、どうだった?」

夏希「実は6月には、復帰して3本目となるDVDも発売になるんだよね(笑)」

ゆま「え〜、めちゃくちゃ売れっ子じゃん!」

夏希「ほんと、うれしいことだよね。グラビアに復帰して、まず、水着の形に驚いた(笑)。私が20代の頃は、ビキニタイプが多かったのに、 今はワンピースタイプの変形水着が中心でしょ? 肌を露出している面積はビキニと、そんなに変わらないはずなのに、なんか、めちゃくちゃ恥ずかしい」

ゆま「今流行りの変形水着って、ほんと際どくて、ハミ出ちゃいそうだもんね」

夏希「それに30代で水着になるのも、恥ずかしくて……かといって、私ってクールキャラだから、“恥じらい”の表情なんて求められていないの……。恥ずかしがっているところを見せちゃいけないって、必死だった(笑)」

ゆま「逆に、ナッキーが恥じらっているところを見たいってファンも、多いと思うんだけどなぁ〜」(次号につづく)

いけだ・なつき 1987年6月24日、千葉県生まれ。2000年に芸能界デビュー。その後、グラビアアイドルや女優、タレントとして活躍している。
「池田夏希「引退をとどまらせた志村けんさんの言葉」麻美ゆまのあなたに会いたい!(前編)」のページです。デイリーニュースオンラインは、池田夏希水着麻美ゆま志村けんグラビアエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧