グラビアアイドル橘舞「初めてのドラマで“カラミ”に挑戦…」麻美ゆまのあなたに会いたい!(後編)

日刊大衆

橘舞(左)と麻美ゆま
橘舞(左)と麻美ゆま

 前回に続いて、グラビアアイドルの橘舞ちゃんとの対談です。もともとは映画監督や脚本家の方々のマネージャーをやっていたという舞ちゃん。社会人経験も豊富とあって、落ち着きがあるところも魅力的です。そんな彼女が、この春発売した初のDVD『ミスFLASH2023』では、清楚なイメージとはかけ離れたセクシーなボンデージ姿を披露。さらに、バレエ経験者ならではの軟体を生かした大股開きシーンも満載で……。今回は、恋愛についても聞いちゃいました!

ゆま「けっこう股を広げるシーンが多かったよね。潔いぐらい(笑)」

橘「私、柔軟が好きなんです。ヨガもやっていて、ふだんから脚はよく開いているんです」

ゆま「あ~。また、さりげなく。じゃあ、舞ちゃんが一番、見てほしい、お気に入りのシーンは?」

橘「朝のシーンで、ちょっと胸元をはだけさせたまま、ネバネバとしたものを食べているんです」

ゆま「ちょっと~(笑)。何よ、ネバネバしたものって」

橘「○○です」

ゆま「アハハ。それは伏せ字にしておこうか。DVDを見てのお楽しみってことで!」

橘「はい(笑)。ありがとうございます。ゆまさんは、これまでの撮影で、何か食べ物を使ったシーンを撮ったことはありますか?」

ゆま「私はね、プリンと対決したことがあったよ」

橘「対決? 食べるんじゃなくて?」

ゆま「そう。お皿にのせたプリンをプルルンと震わせながら、私も震わせて、どっちが揺れるか対決するみたいな(笑)。ヤバいでしょ!?」

橘「アハハ! 考えた人、素晴らしいですね」

ゆま「ほんと、そうだよね。あとね、これは舞ちゃんにアドバイスなんだけど、本当に好きな食べ物は黙っておいたほうがいいよ」

橘「どうしてですか?」

ゆま「私は、もともとバナナが大好きだったの。だから、“バナナが好きです”と言ったら、あらゆる現場にバナナが用意されたんだよね。“このバナナをイヤラしく食べてください”とか、要求されて……。1回、2回ならともかく、しょっちゅうだからね。それで私、あんなに大好きだったバナナがイヤになっちゃった」

橘「私もネバネバとした○○が大好きなのに……」

ゆま「大好きなものを、道具として使われるようになると、ほんと、イヤになっちゃうよね」

橘「あぁ、もう手遅れかもしれませんね。今からでも○○は嫌いです、と嘘を言ったほうがいいかも」

ゆま「うんうん。ネバネバとしたものは、こっそり一人で味わうのが一番だよ。ところで、舞ちゃんは現在放送中のドラマ『around 1/4 アラウンドクォーター』(テレビ朝日系)にも出演したんだよね」

橘「はい。初めてのドラマ出演で、カラミにも挑戦したんです」

■初ドラマ撮影で2時間あえいだ!?

ゆま「おおっ! カラミって言葉、久しぶりに聞いた。どうだった?」

橘「ネタバレになっちゃうので、あまり詳しくは言えないのですが、人前で喘ぐのも初めてだったので、難しかったです」

ゆま「どんなふうに?」

橘「やめて……とか」

ゆま「ヤバい~」

橘「ただ、私、すごくヘタクソだったみたいで、2時間ぐらいシーンを撮りました」

ゆま「2時間!?」

橘「はい(笑)。なかなか難しいですね……」

ゆま「そうなの。人前で喘ぐのって、難しいの。実際のエッチのときも、女は演技がうまいって言われるけど、やっぱりカメラの前だと全然、違うよね」

橘「はい。まだまだ勉強しなきゃです」

ゆま「そうやって体当たりで、いろんな役にチャレンジしているから、どんどん演技の幅は広がっていきそう。今後、やってみたい役とか、ある?」

橘「悪い女をやってみたいです。男をたぶらかすみたいな」

ゆま「あ~。合コンのときに、いきなり男性陣の前で、I字バランスを披露しちゃうみたいな?」

橘「アハハ、悪い女でした」

ゆま「ウフフ。せっかくだから、舞ちゃんのプライベートの恋愛話も聞いてみたいな。好きな男性のタイプから教えて」

橘「まず、絶対条件なのが、一緒に宝塚歌劇団を観に行ってくれる人ですね」

ゆま「ほんと、宝塚が好きなのね。あとは?」

橘「月並みですけど、清潔感があって穏やかな人がいいですね」

ゆま「うんうん。確かに舞ちゃんも、おっとりとした雰囲気だから、うるさい人だと合わないかもね」

橘「でも、“壁ドン”とかされるのは憧れちゃうんですよね。されたことないけど」

ゆま「ここぞというところでは、男らしくされたい感じなのね」

橘「それです!」

ゆま「なるほど。今日で、少し舞ちゃんのことも分かった気がする。もともと合コンで会った仲だけど、今度は女子だけで、また遊びたいよね」

橘「はい! 私も今日、ゆまさんにお会いできて、本当に良かったです。実は今日も最初、緊張して目が合わせられなかったんです」

ゆま「本当に? かわいい。私はね、舞ちゃんを見習って、これからは、もう少し気品のある女になろうと思ったよ。今日は、ありがとうございました!」(おわり)

たちばな・まい 1995年4月15日、愛知県生まれ。2022年に11月に芸能活動を本格的に開始すると、『ミスヤングアニマル2022』や『ミスFLASH2023』など、次々に賞を受賞。特技はI字バランス。
「グラビアアイドル橘舞「初めてのドラマで“カラミ”に挑戦…」麻美ゆまのあなたに会いたい!(後編)」のページです。デイリーニュースオンラインは、宝塚歌劇団麻美ゆまグラビアDVD映画エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧