能力は平凡でも「なぜか職場で好かれる人」の共通点とは? (1/2ページ)

新刊JP

能力は平凡でも「なぜか職場で好かれる人」の共通点とは?(*画像はイメージです)
能力は平凡でも「なぜか職場で好かれる人」の共通点とは?(*画像はイメージです)

得意な人は自然にできても、苦手な人にとっては果てしなく難しいのが人間関係。

遠慮も気づかいもいらない「無礼講」の飲み会ならいいのだが、上司や先輩、取引先、親族などなど、気をつかって接する必要がある人と卓をともにする機会もどうしても生じてしまう。そういう時の立ち居振る舞いで、その後の人間関係が明るいものになったり、逆に影を落としたりすることもある。嫌味にならない程度にナチュラルに気づかいができる人も中にはいて、そういう人は周りからやはり好まれる。

■「なぜか人からプレゼントをもらえる人」の秘密

誰もが人から好かれたい気持ちはあるだろう。では、気の使える人になるにはどうすればいいのか。『好かれる人のちょっとした気の使い方』(山﨑武也著、三笠書房刊)はそれを伝授する一冊だ。

本書では、人間関係で知らないうちにおかしていたタブーに気づき、相手の心にプラスの刺激を与えるノウハウや会話がはずみ、さわやかな印象を残す話し方・行動術を紹介している。

たとえば人に何かをプレゼントをしたとき、うれしそうに感謝されると安心する。ただ、本当に喜んで使ってもらっているだろうかという不安も同時に抱えてしまう。 だから、いざ自分がプレゼントをもらう側になったときは、そのプレゼントをどのように消費したか、どのように使っているかを相手に伝えることが親切であり、気づかいだ。

「美味しくて子どもも喜んで食べた」「とても重宝している」と一言添えて、感謝の気持ちを伝えたり、何か身につけるものをもらった場合は、贈り主と会うときに身につける。相手は自分の贈ったものが使われているのを自分の目で確認すれば安心する。 こんなに喜んでくれるのであれば、また何か贈ってあげようとも思うだろう。

こうして「贈りがいのある人」と人から思われるのだ。ものをもらったら、上手に喜んでみせることも、重要な気づかい なのだ。

■能力は平均的でも全員に好かれる人の共通点

また、職場に目を移すと、能力は平均的なのに、なぜか上司や同僚からかわいがられ、人気のある人がいる。

「能力は平凡でも「なぜか職場で好かれる人」の共通点とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る