世界遺産の中世の街・プラハが「建築博物館」と呼ばれる理由とは

GOTRIP!

世界遺産の中世の街・プラハが「建築博物館」と呼ばれる理由とは

チェコの首都プラハ。かつて神聖ローマ帝国の都として栄えたこの街は、「百塔の街」「黄金の都」など、数々の異名をとっています。 プラハを形容する言葉のひとつが「建築博物館」。プラハには、ヨーロッパの歴史を彩ってきたさまざまな建築様式の建物が並んでいるというだけでなく、それぞれの建造物の質がきわめて高いからです。 プラハが「建築博物館」と称されるゆえんとなった、多彩で壮麗な建造物の数々をご紹介しましょ...

「世界遺産の中世の街・プラハが「建築博物館」と呼ばれる理由とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、建築博物館プラハ歴史地区プラハヨーロッパ街歩きチェコカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧