60年で2,000機が空中消滅!?『ネバダ・トライアングル』の謎

まいじつ

(C)Lightspring / Shutterstock
(C)Lightspring / Shutterstock

“魔の三角地帯”『ネバダ・トライアングル』が注目されている。何とここ60年で2000機の飛行機が消失しているというのだ。 昔から「魔の三角地帯」といえば、米フロリダ半島の先端とプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ海域『バミューダ・トライアングル』が有名だ。そこに入った船や飛行機は“消失する”とされている。 ブラックホール説。UFOによる攻撃説。メタンハイドレートが溶け、大量のメタンの泡が発生することにより、...

「60年で2,000機が空中消滅!?『ネバダ・トライアングル』の謎」のページです。デイリーニュースオンラインは、エリア51心霊スポットオカルト陰謀論エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧