古市憲寿、芥川賞に落選するも好感度はなぜか上昇!?

アサジョ

古市憲寿、芥川賞に落選するも好感度はなぜか上昇!?

1月16日、東京・築地の「新喜楽」で開催された「第160回芥川龍之介賞・直木三十五賞」の選考会。日本を代表する文学賞である芥川賞を見事獲得したのは、上田岳弘氏の「ニムロッド」と町屋良平氏の「1R1分34秒」の2作品だった。 受賞後、ニュースやワイドショーではその様子が報道され、受賞した上田氏と町屋氏、そして「宝島」で直木賞を獲得した真藤順丈氏の姿が連日映し出されている。しかし、彼らの一方で惜しくも賞を逃し...

「古市憲寿、芥川賞に落選するも好感度はなぜか上昇!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、古市憲寿芥川賞ワイドナショー好感度とくダネ!エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧