【極秘ゲーム】プレイステーションはスーパーファミコン用CD-ROMとして任天堂と共同開発していた

バズプラス

【極秘ゲーム】プレイステーションはスーパーファミコン用CD-ROMとして任天堂と共同開発していた

ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売した人気ゲーム機「プレイステーション」(以下PS)ですが、当初は任天堂の人気ゲーム機「スーパーファミコン」のCD-ROMアダプタとして開発が進められていました。 ・任天堂とソニーはそれぞれが違う道 プレイステーションの生みの親であり、いまや世界的なカリスマ的存在となっている久夛良木健氏(69歳)が主導となり展開していたプロジェクトで、ゲームファンが聞けば泣いて喜ぶよ...

「【極秘ゲーム】プレイステーションはスーパーファミコン用CD-ROMとして任天堂と共同開発していた」のページです。デイリーニュースオンラインは、極秘ゲームプレイステーション任天堂カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧