八千草薫と高倉健「昭和6年生まれの大スター」超貴重インタビュー

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

10月24日、日本を代表する女優・八千草薫さんがこの世を去った。享年88。「八千草さんはがんと闘いながらも、ドラマ『やすらぎの刻〜道』(テレビ朝日)に出演中でした。彼女が演じる“姫”こと九条摂子は、前作『やすらぎの郷』で亡くなるんですが、回想や幽霊として何度も登場し、訃報発表直前の昼の放送にも、『やすらぎ体操』に出演。最後の最後まで現役俳優でした」(芸能記者)  そんな八千草さんが本誌に語ったイ...

「八千草薫と高倉健「昭和6年生まれの大スター」超貴重インタビュー」のページです。デイリーニュースオンラインは、倉本聰やすらぎの郷昭和高倉健自然エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧