「ダイジェストじゃないか」!「シャーロック」“特別編”に不満の声

アサ芸プラス

「ダイジェストじゃないか」!「シャーロック」“特別編”に不満の声

12月16日に最終回を迎えたディーン・フジオカ主演の月9ドラマ「シャーロック」(フジテレビ系)の“特別編”が1週間後の23日放送され、平均視聴率は7.7%と振るわなかった。 誉獅子雄(ディーン)と犯人の守谷が埠頭に落ちてから1週間が過ぎたが、遺体は上がらなかった。落胆する若宮潤一(岩田剛典)の前に、フリージャーナリストの門司かれん(木南晴夏)が現れ、誉の功績を残すために話が聞きたいと申し出る。そして、若宮と...

「「ダイジェストじゃないか」!「シャーロック」“特別編”に不満の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、シャーロックラジエーションハウス木南晴夏ディーン・フジオカ岩田剛典エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧