染谷まさ美、水谷ケイらの「今」を大追跡!/あの「色香女王」と感涙再会(3)

アサ芸プラス

染谷まさ美、水谷ケイらの「今」を大追跡!/あの「色香女王」と感涙再会(3)

男とは「リビドーを刺激したオンナ」を、永遠に忘れない生き物である。アサ芸にも貢献してくれた歴代の魔女たちを追う。 まず、日本で初めて全脱ぎ映画のシンボルのように呼ばれたのが、東映のスケバン映画や実録モノで活躍した池玲子(66)。さる映画ライターが言う。「90センチの豊かなバストが目を引き、主演デビュー作の『温泉みみず芸者』(71年、東映)を撮影した時はまだ16歳。当時のおおらかな映画事情がわかります。...

「染谷まさ美、水谷ケイらの「今」を大追跡!/あの「色香女王」と感涙再会(3)」のページです。デイリーニュースオンラインは、水谷ケイ染谷まさ美池玲子リア・ディゾンホーン・ユキエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧