松田聖子 デビュー40周年の全秘話(2)バイオリンのスラーを生かせ

アサ芸プラス

松田聖子 デビュー40周年の全秘話(2)バイオリンのスラーを生かせ

当時のアイドルにはキャッチフレーズがつきもの。CBS・ソニーで宣伝を担当した西岡明芳が当初考えたのは「抱きしめたい!」だった。それが最終的に「抱きしめたい! ミス・ソニー」となったのは、社内で聖子を推す声が増えてきたからだ。 そこに再びアクシデントが襲う。デビュー曲「裸足の季節」は資生堂とのタイアップが決まり、歌詞と商品名がリンクする「エクボ洗顔フォーム」のCMにも出演する予定だった。立ち会った西岡...

「松田聖子 デビュー40周年の全秘話(2)バイオリンのスラーを生かせ」のページです。デイリーニュースオンラインは、小田裕一郎大瀧詠一週刊アサヒ芸能 2020年 4/9号風立ちぬ松田聖子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧