行使するには命がけ!武士の特権「斬り捨て御免」にはむやみに発動できない様々なハードルがあった

Japaaan

行使するには命がけ!武士の特権「斬り捨て御免」にはむやみに発動できない様々なハードルがあった

江戸時代、武士の特権と言えば、苗字帯刀(苗字を公称し、大小の刀を帯びる権利)に斬り捨て御免(身分の低い庶民を斬り殺しても罪に問われない権利)……かつて歴史の授業でそう教わった記憶があります。 苗字帯刀は泰平の世において半ば自己満足的な面が強いからまだいいとしても、いつなんどき斬り殺されるか分からない、たとえ身内が斬り殺されても訴えることも出来ないとしたら、庶民としてはたまったものではありません。 ...

「行使するには命がけ!武士の特権「斬り捨て御免」にはむやみに発動できない様々なハードルがあった」のページです。デイリーニュースオンラインは、武士道武士江戸時代法律カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧