本当は黄金のはずだった?!イスタンブール「ブルーモスク」のミナレットにまつわる言い伝えとは?

GOTRIP!

本当は黄金のはずだった?!イスタンブール「ブルーモスク」のミナレットにまつわる言い伝えとは?

イスタンブールのみならず、トルコを代表するモスクと言っても過言ではないブルーモスク。ユネスコの世界文化遺産に登録されているイスタンブール歴史地域にあるモスクで、世界的にはブルーモスクの愛称で知られていますが、正式名称はスルタンアフメト・モスクといいます。 オスマン帝国の第14代皇帝(スルタン)アフメト1世は、対サファヴィー朝との戦争に敗れるなど、対外的な成果を上げることができませんでした。そこで帝国...

「本当は黄金のはずだった?!イスタンブール「ブルーモスク」のミナレットにまつわる言い伝えとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、イズニックタイルブルーモスクスルタンアフメットオスマン帝国モスクカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧