江戸時代「将軍」を輩出できず辛酸を舐め続けたエリート一族「尾張徳川家」の運命【その1】

Japaaan

江戸時代「将軍」を輩出できず辛酸を舐め続けたエリート一族「尾張徳川家」の運命【その1】

およそ270年間続いた江戸時代。その間日本を統治した徳川将軍家からは、15人の将軍が誕生した。時の将軍は絶大な権力と名声を獲得し、国民の象徴として日本の頂点に君臨した。しかし、将軍職の決定には様々な利権や思惑が複雑に絡み合い、時には死者も出たという。 今回は、名門徳川家にあって筆頭家格と目されながらも、自家からの将軍輩出が叶わなかった「尾張徳川家」の歴史をご紹介したい。 「尾張徳川家」とは 徳川幕府の...

「江戸時代「将軍」を輩出できず辛酸を舐め続けたエリート一族「尾張徳川家」の運命【その1】」のページです。デイリーニュースオンラインは、尾張徳川家尾張徳川家御三家カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧