江戸時代、天然痘によりわずか6歳で世を去った露姫が、父への遺書にしたためた「一生のお願い」

Japaaan

江戸時代、天然痘によりわずか6歳で世を去った露姫が、父への遺書にしたためた「一生のお願い」

「お願い……もう一生のお願い!」 子供の頃、日常のさまざまなシーンで繰り出された「一生のお願い」。あえて一生と冠するのだから、それこそ生涯で一度きりの重大なお願いなのかと思いきや、週に一度は当たり前、中には一日で五度も六度も発動させるツワモノもいました。 そんなしょうもない話はさておき、昔の人も当然お願いごとをしたわけですが、そこには数々のドラマがあったようです。 今回はそんな一つ、江戸時代を生きた...

「江戸時代、天然痘によりわずか6歳で世を去った露姫が、父への遺書にしたためた「一生のお願い」」のページです。デイリーニュースオンラインは、露姫松平冠山天然痘遺書江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧