8月6日は広島原爆の日。裁判に注目が集まる「黒い雨」とは?

Japaaan

8月6日は広島原爆の日。裁判に注目が集まる「黒い雨」とは?

8月6日は広島に原子爆弾が投下された日です。広島には、原子爆弾が投下されてまもなく黒い雨が降ったという記録が残っています。この黒い雨とは一体何なのでしょうか。 黒い雨とは 黒い雨とは、原子爆弾投下後に降る、原子爆弾炸裂時の泥やほこり、すすなどを含んだ重油のような粘り気のある大粒の雨です。雨と言っても通常の雨雲から降った雨ではなく、放射性降下物(フォールアウト)の一種です。 広島市では、原爆投下後、...

「8月6日は広島原爆の日。裁判に注目が集まる「黒い雨」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、原爆の日カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧