医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<VDT症候群>「在宅テレワークのディスプレイ機器が原因」

アサ芸プラス

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<VDT症候群>「在宅テレワークのディスプレイ機器が原因」

パソコンやテレビゲームをしていると、目の疲れや肩凝りを感じる。そんな症状に悩まされている人は「VDT症候群」かもしれない。 聞き慣れない言葉だが、VDTは「Visual Display Terminal」の略で、コンピューターのディスプレイ端末のこと。パソコンやスマホなどを長時間使用することで眼精疲労やドライアイなど目の疾患を引き起こすだけでなく、ストレスなど心身にもさまざまな影響を及ぼす。 この「VDT症候群」の患者が急増...

「医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<VDT症候群>「在宅テレワークのディスプレイ機器が原因」」のページです。デイリーニュースオンラインは、田幸和歌子診察室のツボVDT症候群ドライアイテレワーク社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧