人が米粒のようにこぼれ落ち…江戸時代に隅田川で起きた最悪の事故「永代橋崩落事件」

Japaaan

人が米粒のようにこぼれ落ち…江戸時代に隅田川で起きた最悪の事故「永代橋崩落事件」

文化4年(1807)の8月19日、午前10時ごろ、江戸で大事件がありました。 永代橋崩落です。江戸深川八幡宮の祭礼で朝から混み合っていた永代橋は人の重さに耐えかね崩落し、死者行方不明者2000人越えという、日本の橋梁災害史上最悪の惨事が起こったのです。 永代橋 歌川広重 画 原因とは? 原因は主に2つ。1つは橋そのものの耐久性の弱さ。2つ目は祭礼当日の人出が予想を上回ってしまった事です。 当時の永代橋は勿論木造で、元...

「人が米粒のようにこぼれ落ち…江戸時代に隅田川で起きた最悪の事故「永代橋崩落事件」」のページです。デイリーニュースオンラインは、永代橋江戸時代事件カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧