丸はプロ人生初の故障離脱に…西武・金子だけじゃない、ダイビングキャッチが仇となった負傷劇

リアルライブ

丸佳浩(写真は広島時代)
丸佳浩(写真は広島時代)

24日に行われた西武対日本ハムの一戦。試合は「12-2」で日本ハムが大勝したが、同戦に「8番・中堅」でスタメン出場した西武・金子侑司の負傷交代に心配の声が集まっている。 金子がアクシデントに見舞われたのは、「4-2」と日本ハム2点リードで迎えた5回表1死の場面。日本ハム・渡邉諒が中堅方向へ放った打球に対し、金子はダイビングキャッチを試みるも捕球できず三塁打に。この際に地面に左ひざを強打した金子は顔をしかめな...

「丸はプロ人生初の故障離脱に…西武・金子だけじゃない、ダイビングキャッチが仇となった負傷劇」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧