戦国時代にアフリカから日本へ? 織田信長に仕えた黒人従者「弥助」とは【前編】

Japaaan

戦国時代にアフリカから日本へ? 織田信長に仕えた黒人従者「弥助」とは【前編】

戦国三英傑の一人「織田信長」。信長が異国の品や目新しいもの好きであったことは良く知られている。その中でも特異な存在として記録に残っているのが黒人の家臣「弥助(やすけ)」だ。 今回は【前編】【後編】2回にわたり、未だに謎の多い人物である弥助について考察する。 日本に到来した南蛮人(Wikipediaより) 弥助の人物像と来日の経緯 本名や生年月日、出生地および家族構成など詳しいことはほとんどわかっていない。...

「戦国時代にアフリカから日本へ? 織田信長に仕えた黒人従者「弥助」とは【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、渡来人南蛮人弥助イエズス会戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧