江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【前編】

Japaaan

江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【前編】

土佐脱藩浪士として有名な坂本龍馬には政敵が多かった。そんな中、龍馬の信頼を得て命を救う活躍を見せた男がいた。長府藩士「三吉慎蔵(みよししんぞう)」。 今回は、一流の槍術使いであり、龍馬の護衛役を努めた男の活躍を振り返る。 三吉慎蔵(Wikipediaより) 出生から長府藩士まで 1831年。長府藩(現在の山口県長府に存在した藩。長州藩の支藩)の剣術師範であった小坂土佐九郎の次男として生まれる。実名は「時治」。...

「江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、長府藩三吉慎蔵明治維新坂本龍馬幕末カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧