江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【中編】

Japaaan

江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【中編】

長府藩出身で一流の槍術使いとして藩命を全うした「三吉慎蔵(みよししんぞう)」。坂本龍馬との交流も深かった慎蔵は幕末の日本にあって長府藩に尽力した。 今回は【前編】に続き三吉慎蔵の生涯をご紹介する。 前回の記事 江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【前編】 寺田屋事件 1866年1月。土佐脱藩浪士の「坂本龍馬」は薩摩藩と長州藩の軍事同盟「薩長同盟」の締結に成功する。龍馬...

「江戸時代、幕末の日本で坂本龍馬を護衛した凄腕の槍術使い「三吉慎蔵」とは【中編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、寺田屋事件お龍三吉慎蔵明治維新坂本龍馬カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧