徳川家康は何故、隠居後に江戸を離れ、「駿府」を最期の地として選んだのか?

Japaaan

徳川家康は何故、隠居後に江戸を離れ、「駿府」を最期の地として選んだのか?

見事に天下を平定し、200年以上の太平の世の礎を築いた徳川家康。征夷大将軍になった彼はわずか2年で息子の秀忠に将軍職を譲り、自らは「大御所」としてみずから開拓した江戸を離れ、駿府(今の静岡県)に移ります。 現役を離れた家康は鷹狩りや能楽などを楽しみながら余生を過ごしました。家康は何故、隠居後に江戸を離れ、決して近くはない駿府を最期の地として選んだのでしょうか。 徳川家康像(狩野探幽画、大阪城天守閣蔵...

「徳川家康は何故、隠居後に江戸を離れ、「駿府」を最期の地として選んだのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、駿府徳川家康江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧