我が肌は上様だけのもの…徳川家光への男色に殉じた堀田正盛の壮絶な最期

Japaaan

我が肌は上様だけのもの…徳川家光への男色に殉じた堀田正盛の壮絶な最期

男色(だんしょく。男性同士の恋愛)と聞くと、往々にしてたくましい男性となよやかな男性のカップルを想像しがちですが、片方が足手まといになるようでは、血で血を洗う戦国乱世を生き抜けません。 平素は愛情を育みつつ、いざ有事には主君の楯となれるよう鍛錬に励み、また主君もそうした屈強な者たちを寵愛したものでした。 しかし、大坂の陣を最後に大規模な戦乱が終息(元和偃武)。泰平の世が訪れると次第にそうした風潮...

「我が肌は上様だけのもの…徳川家光への男色に殉じた堀田正盛の壮絶な最期」のページです。デイリーニュースオンラインは、堀田正盛男色徳川家光江戸時代恋愛カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧