捕虜になったら100万円?戦国時代の身代金相場は、かなり絶妙な価格設定だった

Japaaan

捕虜になったら100万円?戦国時代の身代金相場は、かなり絶妙な価格設定だった

「ガキを返して欲しければ、〇〇〇〇万円用意しな……!」 刑事ドラマなんかでよく聞かれるこんなセリフ。人質をとって金品などの要求を突きつける手口は昔から使われており、もちろん戦国時代でも多用されていました。 大抵は合戦のどさくさに紛れて犯行に及び、名のある武将クラスであれば大きな(例えば城一つレベルの)取引に使えたでしょうし、そうでなくても戦利品として、安い報酬の足しとされた例も少なくありません。 そ...

「捕虜になったら100万円?戦国時代の身代金相場は、かなり絶妙な価格設定だった」のページです。デイリーニュースオンラインは、戦国時代経済カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧