鬱すぎて脱落…柴咲コウ『35歳の少女』に悲鳴「10分も見れない」

まいじつ

鬱すぎて脱落…柴咲コウ『35歳の少女』に悲鳴「10分も見れない」

女優・柴咲コウが主演を務める現在放送中のドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)が、「暗すぎる」として話題になっている。 同作の主人公・望美(柴咲)は、1995年に不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女。25年が経過して目覚めた時には、周りの人も環境も、そして自分自身もまるで変わっていた…というストーリーだ。 「25年の間に、両親が離婚、妹(橋本愛)は両親と絶縁状態、初恋相手・結人(坂口健太郎)は、夢だ...

「鬱すぎて脱落…柴咲コウ『35歳の少女』に悲鳴「10分も見れない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、35歳の少女不評日本テレビ柴咲コウドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧