打倒!織田信長に西国を放浪。室町幕府最後の将軍「足利義昭」の執念【前編】

Japaaan

打倒!織田信長に西国を放浪。室町幕府最後の将軍「足利義昭」の執念【前編】

足利尊氏が京都で創始した室町幕府は200年以上に渡って存続したが、15代将軍「足利義昭」の時代に終焉を迎えた。戦国武将「織田信長」によって京都を追われた義昭は、生涯打倒信長を掲げて活動したという。 今回は、足利家最後の将軍である足利義昭の生涯を、織田信長との関係性に焦点を絞ってご紹介する。 還俗から将軍就任 1565年。義昭の兄である室町幕府13代将軍「足利義輝」が暗殺される。仏門に入り「覚慶(かくけい)」...

「打倒!織田信長に西国を放浪。室町幕府最後の将軍「足利義昭」の執念【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、室町幕府足利義昭織田信長カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧