「過労死ライン」は当たり前 激務の教師を蝕む4つの要因

新刊JP

『教師の悩み』(諸富祥彦著、ワニブックス刊)
『教師の悩み』(諸富祥彦著、ワニブックス刊)

近年、「教師志望者」が激減している。 その理由は、「業務が多い」「部活動の指導で休日がない」「保護者からのクレーム対応」など、「ブラックな仕事」のイメージがついていることが挙げられるだろう。実際、小学校教師の1週間の平均勤務時間は57時間29分(平成28年度調査)で、全体の3割が「過労死ライン」を超えている。 ■現代の教師が疲弊する4つの要因とは 肉体的にも、精神的にも過酷な仕事であるため、現役教師で...

「「過労死ライン」は当たり前 激務の教師を蝕む4つの要因」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧