毎晩ベッドルームのドアの前に貢物を持ってくる猫。それがどんどんエスカレートして...

カラパイア

毎晩ベッドルームのドアの前に貢物を持ってくる猫。それがどんどんエスカレートして...
毎晩ベッドルームのドアの前に貢物を持ってくる猫。それがどんどんエスカレートして...

最初はピーピー音がするアヒルのおもちゃから始まったという。猫のジョイは2階にある飼い主の寝室へそれを運び込んだ。 猫は狩りのできない飼い主に対しネズミやモグラの死骸などを運んでくることで知られている。飼い主は猫が贈り物をくれたのだと思って、「プレゼントをありがとう!」とほめ、頭を撫でてあげた。 するとその日から毎晩、猫は貢物を持ってくるようになったという。最初は自分のおもちゃだったのだが、徐々に...

「毎晩ベッドルームのドアの前に貢物を持ってくる猫。それがどんどんエスカレートして...」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧