鎌倉幕府で執権政治を築いて支配も……北条義時「北条氏ではない」疑惑!

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

鎌倉幕府の運営は初代将軍である源頼朝の死後、一部の御家人による合議制に切り替わり、将軍親政はわずか一代で終わったとされる。  その後、合議を担った御家人や幕府官僚を押さえて政権の中枢を担ったのが北条一族。義時の代に本格的に執権政治が始まり、鎌倉幕府は北条幕府とも呼ばれるが、彼が「北条氏」でなかったとしたら、どうだろう。  そもそも執権とは何か。鎌倉幕府には政所という組織があり、ここは文字通り政...

「鎌倉幕府で執権政治を築いて支配も……北条義時「北条氏ではない」疑惑!」のページです。デイリーニュースオンラインは、幕府歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧