「冬の突然死」予告サイン!?「歯・舌・足・喉」の異変は体の深刻SOS

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

普通に日常生活を送って人が突然、帰らぬ人となる「突然死」。世界保健機構(WHO)は、体の内部で症状が出て、24時間以内に死亡するケースを突然死と定義している。日本では、年間7〜10万人が突然死で亡くなるが、循環器科が専門の石蔵文信・大阪大学人間科学研究科招へい教授は、こう説明する。 「突然死は心筋梗塞と脳梗塞が多く、特に12月から2月にかけて集中します。寒さや寒暖差で心臓や血管に負担がかかるこ...

「「冬の突然死」予告サイン!?「歯・舌・足・喉」の異変は体の深刻SOS」のページです。デイリーニュースオンラインは、脳梗塞睡眠カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧