俳優・奥田瑛二の美学「映画『痛くない死に方』を通して、ちゃんと生きなくてはと考えるように」

日刊大衆

奥田瑛二(撮影・弦巻勝)
奥田瑛二(撮影・弦巻勝)

「生きる」ということは「長い自殺」である――。つい最近まで、僕はそんなふうに思っていました。  飲みたいだけ酒を飲み、健康のことなど省みず、やりたい放題にやる。そうやって、少しずつ“毒”を体にため込んで死に向かうという生き方に憧れを持っていたし、だからこそ“奥田瑛二”でいられるんだとも自負していました。  ところが、ある作品に携わったことで、この考えがポーンと吹っ飛んでしまった。いやいや、生きなきゃ...

「俳優・奥田瑛二の美学「映画『痛くない死に方』を通して、ちゃんと生きなくてはと考えるように」」のページです。デイリーニュースオンラインは、柄本明柄本佑安藤サクラ奥田瑛二映画エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧