『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」

まいじつ

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

2月28日、俳優・竹内涼真主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の第7話が放送された。視聴者からは、ヒロインに対する批判の声が殺到している。 同作は、生ける屍がさまよう終末世界が舞台。主人公の自動車整備工・間宮響(竹内)は、突然姿を消してしまった恋人・小笠原来美(中条あやみ)と再会するために奮闘する…というストーリーだ。ジャンルとしては、ゾンビアクションドラマとなっている。 これま...

「『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」」のページです。デイリーニュースオンラインは、君と世界が終わる日に竹内涼真中条あやみ不評日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧